バタバタしない引っ越しの為に!余裕のある片づけの仕方

引っ越しが決まったらまず断捨離しましょう

引っ越しは家中の物を片づけて、すっきり断捨離する絶好のチャンスです。理想は見積もり前に片づけておく事で、一回り小さいトラックでの引っ越しにして引っ越し代も安くする事です。しかし見積もりの段階で片づけが終了している事は現実的には難しい為、捨てるを決めておくだけでも良いです。捨てる物を決めておけば、見積もりの段階でこれはいらないと省いていく事ができるからです。更に捨てるまでに時間があれば、ネットオークションやリサイクルショップに売る事もできるので一石二兆です。

荷造りには順番があります

引っ越しは何かとバタバタする為、引っ越しの3日目には荷造りを終えるのが好ましいとされています。その為大体3週間前くらいから、家の片づけを始める人が多いです。片づけの際はクリスマス用品や正月、海水浴の道具等季節物で引っ越しまでの間、箱にしまっておいても問題ない物から始めると良いです。次に今と反対の季節の洋服、あまり読まない本や趣味のグッズ、使わない器具等めったに使わない物を片づけます。その際荷造りした箱には、細かく中身を書いておくと引っ越し先で助かるのでおすすめです。

引っ越し直前と当日の注意点

最後に引っ越しまで使う可能性のあるものは、箱につめて閉じないでおけば問題ないです。この際皿やコップ、洋服は最小限の枚数、鍋は一番大きい物を一つ残して他は荷造りする等、最低限の荷物のみ残す事で引っ越し間際にバタバタするのが防げます。また引っ越し当日まで使うものは逆に言うと引っ越し先でも一番に使う物なので、一番使う頻度が高い物を集めた段ボールとして一つにまとめて分かりやすくしておくと便利です。更に以外と忘れがちなのが引っ越し当日がごみ収集の曜日じゃなかった場合、当日でたゴミは捨てる事ができないのです。その為小さいごみ袋を用意して、滞在先のホテルで捨てる等の工夫が必要です。

不用品の回収は、電話一本で回収に来てくれます。回収品が多い場合は、軽トラで回収に来てくれるので便利です。