ちょっと気になる!プライバシーを覗かれ易い瞬間3選

人気の多い狭い喫茶店で

朝の通勤時のちょっとした息抜き、また外回りのひとときの休憩に街中の喫茶店を利用する人は多い事でしょう。その際店内が広く、一つのテーブルやカウンターに相当なスパンがあれば特に気にならないのですが、テーブル同士の間隔が狭く、隣の席から簡単にこちら側が覗ける様な距離にいるとどうも落ち着かないものです。読み物や書き物をしている時でも周囲が気になり、定期的に辺りを見回してしまうものですよね。こんな時は混雑する時間帯を避けるのが一番なのですが、仕事の都合上そう上手く時間が取れないのが難点です。

電車内のロングシートも気になる場所に

そして通勤電車を始め、電車内のロングシートは隣の人同士が密着する為、さらにプライベート保護には厳しい条件となってきます。隣が何をしているか、どんな内容の書物やゲームをしているかも簡単に知られてしまう事があり、プライバシーを気にする人にとって到底落ち着ける環境ではありませんよね。対策としては車内両端に設置されているケースの多いクロスシートに座ったり、あるいはその前後の補助席が使用可能になるまで待つといった方法があります。最も車内が空いていれば、立ったままの方がはるかに安全であると言えるでしょう。

飲食店のカウンターも場合によっては

最近はカウンターにも席のゆとりを設けたりパテーションを設けたりといった配慮がなされ、だいぶ快適になった店舗もありますが、まだ多くの飲食店はテーブル席に比べカウンター席の隣席からのプライバシー保護に力を入れていないケースが多く、私事をそこでこなす事に対し躊躇してしまう人もいるでしょう。特に隣席から話しかけられるチャンスの多い居酒屋やバーのカウンターではいたずらにプライバシー要素の強い個人的な作業をするのには結構な勇気が要るものです。

機密文書とは政治・軍事・国家に関する極めて大切な秘密が書かれた文書のことで、取り扱いには注意する必要があります。